創業130余年 伝統と創作 福井の松川仏壇です。仏事の事なら松川仏壇へお任せ下さい。

  • 小
  • 中
  • 大

松川仏壇

  • ホーム
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • お問合わせ
  • 松川仏壇 オンラインショップ
  • お仏壇について
  • お仏壇の種類
  • お取扱とお手入れ
  • お仏壇の疑問あれこれ
  • 工部七職の技
  • お仏壇のお洗濯
  • お位牌・法名軸
  • 仏事小物
  • お香・ろうそく
  • 仏壇・仏具選びのポイント
  • 御寺院様用仏具・内装
  • 納入例
  • 仏事コーディネーターのご紹介
  • 松川仏壇の取り組み
  • 店舗案内
  • お問合わせ
  • 仏壇屋ブログ

お仏壇のお洗濯

大切なお仏壇をお洗濯しませんか

お内仏の前に座り、御本尊様を仰いで心静かに手を合わせるとき、私たちは御本尊をはじめ浄土の人びとと対面をし、その心にふれるところがお仏壇です。
人それぞれにお仏壇には思いが込められています。 もしお仏壇が古くなって、そろそろ買い替えようと思っているのであれば、その前に一度ご検討下さい。
次の世代にもおまいりしてもらえるように、そのお仏壇をきれいにお洗濯(ご修復)しませんか。

お仏壇をお洗濯?

それは、古くなったお内仏を柱一本、金具1枚1枚まで分解し、補修・修復するクリーニングのことです。

伝統工芸品であるお内仏はその美しさを追求するため一流の職人たちの技術の粋を集めてつくられています。 これはあらかじめ修復をすることを想定してつくられている為に分解が可能で、剥がれた漆はきれいに塗り直し、金箔も押し直して、金具などもきれいに洗って色を付け直すことができます。  修復され、組み立て直されたお内仏は、新品と区別ができないほど。 このようなお仏壇の修復を「洗い」または「お洗濯」といいます。
つまり、 お洗濯をすることによってきれいな状態で50年、 100年でもおまいりすることができ、子へ孫へと受け継いでいくことができるのです。


 
お仏壇修復前
【お仏壇修復前】
お仏壇修復後
【お仏壇修復後】

神棚修復前
【お仏壇内部修復前】
神棚修復後
【お仏壇内部修復後】

絵修復前
御寺院様【御開山御厨子・御須弥壇御修復前】
絵修復後
御寺院様【御開山御厨子・御須弥壇御修復後】

柱修復前
御寺院様【柱塗箔及びマス組み彩色前】
柱修復後
御寺院様【柱塗箔及びマス組み彩色後】

お仏壇修復前
【金仏壇御堂造り御修復前】
お仏壇修復後
【金仏壇御堂造り御修復後】

お仏壇正面修復前
【金仏壇御堂造り御修復前】
お仏壇正面修復後
【金仏壇御堂造り御修復後】

お仏壇正面修復前
【お仏壇屋根修復前】
お仏壇屋根修復後
【お仏壇正面修復後】

お仏壇正面修復前
御寺院様【御台座御光御修復前】
お仏壇屋根修復後
御寺院様【御台座御光御修復後】
手間ヒマかけてお洗濯。だからこそ蘇る美しい輝き。

漆塗り金仏壇は、木地師・塗師・金箔押師・宮殿師・彫刻師・蒔絵師・飾金具師の通称「七職」と呼ばれている職人集団によってつくられています。
どの工程にもこうした職人の卓越した技が、大変な手間をかけてほどこされています。ですから職人がどれほどの手間をかけたかによってお仏壇の価値は大きく違ってきます。
本格的なお洗濯はお仏壇の金具や楔留めを外して解体することからはじまります。
汚れを洗い落とし、金具や木地を修復したあとは新しくお仏壇をつくるときとほぼ同じ作業工程を辿ります。それだけ手間をかけているからこそ、お仏壇はつくられた頃の美しい輝きを取り戻せるのです。

TOPへ戻る

いまのお仏壇は大丈夫ですか?

ホコリまみれでひどく汚れている
漆も経年とともに徐々に剥がれつやがなくなってきます。

金属のサビ、汚れ
部品がサビていたり、欠落して部分がなくなったりしていませんか?

彫刻が欠けている
害虫による被害を受けていたり割れや欠損はありませんか?

TOPへ戻る


Copyright©2006-2016 有限会社 松川仏壇,Japan All Right Reserved.