創業130余年 伝統と創作 福井の松川仏壇です。仏事の事なら松川仏壇へお任せ下さい。

  • 小
  • 中
  • 大

松川仏壇

  • ホーム
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • お問合わせ
  • 松川仏壇 オンラインショップ
  • お仏壇について
  • お仏壇の種類
  • お取扱とお手入れ
  • お仏壇の疑問あれこれ
  • 工部七職の技
  • お仏壇のお洗濯
  • お位牌・法名軸
  • 仏事小物
  • お香・ろうそく
  • 仏壇・仏具選びのポイント
  • 御寺院様用仏具・内装
  • 納入例
  • 仏事コーディネーターのご紹介
  • 松川仏壇の取り組み
  • 店舗案内
  • お問合わせ
  • 仏壇屋ブログ

お香・ろうそく

なぜ焼香するのでしょうか?

仏教は、インドでおこりました。
インドは、暑い国です。 とくに雨期になると湿気も強く、部屋の悪臭をとりのぞくため、古くから香木(こうぼく)をたいていました。 お釈迦さまがおなくなりになり、涅槃(ねはん)に入られたとき、仏弟子たちが香木をたいて、 遺体を荼毘(火葬)に付したとも伝えられています。
焼香は、文字どおりお香をたくということです。そのいわれについては、人によっていろいろと解釈されていますが、 仏さまの御前にあたって、まず体臭を消し、部屋全体を清浄な香りで満たすことによって、敬虔かつ、 おごそかな気分となり、仏さまのみ教えを素直に聞かせていただけるように、香をたくのです。

一般に香をたくといえば、線香に点火して香炉にくべるのを思いうかべますが、 香木を粉末状にした抹香(まっこう)や沈香(じんこう)をたくのが正式です。 しかし、香木は高価で貴重なものですから、すこしでも香りが長持ちするようにと、のちに線香が工夫されて、 使いやすさもあって線香が家庭に普及しました。
世間で”抹香くさい”といって、よくない匂いのようにいわれますが、それは一般家庭での仏事に使われる香が、 あまり品質が良くないものを使うためで、香はなるべく品質のよい、高級なものを使用したいものです。

一般的なお線香 渦巻きお線香 お焼香(煉香)

一般的なお線香

渦巻きお線香

お焼香(煉香)
関連商品はこちら 関連商品はこちら 関連商品はこちら

ろうそくは香と並ぶ供養

灯をもって供養することは華・香と並ぶ供養の基本のひとつであり、灯供養を代表するものが蝋燭であります。

和蝋燭の種類・形状

形状により棒状、いかり型の2種類があります。
主に年忌法要・報恩講などで用いられます。

和ろうそく 和ろうそく
和ろうそく
和ろうそく
関連商品はこちら 関連商品はこちら

花ローソクセット 桜 法名軸 法名軸

和風ローソク 華和 進物セット

和みローソク 燭台なし

花ローソクセット 桜
関連商品はこちら 関連商品はこちら 関連商品はこちら

 


Copyright©2006-2016 有限会社 松川仏壇,Japan All Right Reserved.