創業130余年 伝統と創作 福井の松川仏壇です。仏事の事なら松川仏壇へお任せ下さい。

  • 小
  • 中
  • 大

松川仏壇

  • ホーム
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • お問合わせ
  • 松川仏壇 オンラインショップ
  • お仏壇について
  • お仏壇の種類
  • お取扱とお手入れ
  • お仏壇の疑問あれこれ
  • 工部七職の技
  • お仏壇のお洗濯
  • お位牌・法名軸
  • 仏事小物
  • お香・ろうそく
  • 仏壇・仏具選びのポイント
  • 御寺院様用仏具・内装
  • 納入例
  • 仏事コーディネーターのご紹介
  • 松川仏壇の取り組み
  • 店舗案内
  • お問合わせ
  • 仏壇屋ブログ

お取扱とお手入れ

お仏壇・仏具は特に大切に扱って長持ちするように心がけてください。

お仏壇

湿気と直射日光を避けることが大切です。
特に梅雨時期などはお天気の日に部屋の窓を開け風通しを良くして下さい。

金箔

素手で触れると指紋がつき、布でこするとはげてしまいます。特にご注意下さい。
金箔の個所のお掃除は毛払いで上から下へ軽く払う程度にしてください。
なお毛払いの芯のところをお仏壇に当てないように注意します。
彫物の複雑な部分は筆先をほぐして軽くほこりを払います。

塗装の個所や唐木仏壇

毛払いを使用後、つやふきんでふきます。
よごれが目立つときは固くしぼったタオルでふいた後につやふきんでふきます。
この場合タオルや、ふきんが金箔に触れないように注意してください。
なお漆は水分に弱いので、花瓶の底に水がついているときは乾いた布で拭いてから置いて下さい。

お仏壇内部のお手入れ

まずお仏具を外へ出します。
お仏具の取り扱いはお仏壇に当てたり、落としてキズをつけないよう特に慎重にしてください。

お仏壇の飾金具や金属製のお仏具

汗ばんだ手で触れないようにします。手袋をされると良いでしょう。
真鍮製品は磨油を布で少量つけ、その後別の乾いたやわらかい布で十分磨いて油をふきとります。 金メッキ、着色(黒茶色)のお仏具やお鈴は磨油を使わず、軽く布でふく程度にします。

お蝋燭

朱蝋と白蝋があります。
朱蝋は年忌法要や報恩講に、白蝋は一般法要や平常に用います。 蝋燭は和蝋がよろしいですが、平常は洋蝋でも差し支えありません。
消火のときはローソク消しをお使い下さい。口で吹き消すと溶けている蝋が飛び散ることがあります。

お線香やお焼香

仏様に合掌するとき、身体を清浄にし更にお香の香によって敬虔かつ厳かな気分となり、邪念を払うのが目的です。 お線香は香をたいている時間が長く家庭にもっとも普及しています。真宗のお線香は香炉の大きさに応じて適当に折って横に倒して灰の上におきます。

お供えもの

残したままにしておきますとネズミやゴキブリが入ることがありますからご注意下さい。

安全のために次のことをお守りください!!

  • お仏壇の前から離れられる場合は、蝋燭や線香の火を消してからにしてください。
  • 蝋燭やお線香の近くに燃えやすいものを置かないで下さい。
  • 電気器具(灯籠・輪灯)は、長
  • 時間の使用を避けてください。
  • マッチ消しを利用されるときは、マッチを消してから投入してください。
  • お仏具は伝統的に複雑な構造のものがありますので、移動されるときは 「下から持つ」か「片方の手を下から添えて」動かしてください。

TOPへ戻る

無縁になったお仏壇にお困りの方は

古仏壇のお焚き上げ

  • お引取仏壇は木製品(可燃製)に限らせていただきます。
  • 付属仏具等もお引取致します。

お仏壇は金具等取り外し解体、細かくしまして廃棄処分いたします。
金物仏具は専門の金物業者に委託いたします。
※お引取後は、権利を放棄したとして処理し返却等一切致しません。

【お引取手数料】
仏壇丈寸法 価格
 165cm以上 ¥50,000~
 100cm~165cmまで ¥30,000~
 ~100cmまで ¥10,000~

お代金の領収書は、お引取の際にお客様へ発行いたします。

仏具の処分代は含まれておりません。

TOPへ戻る


Copyright©2006-2016 有限会社 松川仏壇,Japan All Right Reserved.